【今からできるストレス発散!】ストレス解消するための究極法

意識編

どうもカピバラの主人(あるじ)です。

ストレスが全くない人いますか⁉ ほとんどの方が何かしらのストレスを抱えていると思います。

「ストレスが溜まるけど、どのように解消すればいいのかわからない…」と悩んでいませんか?

そんな方に向けて、今からできるストレス解消するための究極法を書きました!

Capy
Capy

この記事はこんな人におすすめ!

・どうやってストレス解消すればいいの?

・人間関係で仕事に行きたくないなぁ~

・自分はなにをやってもうまくいかないから…

これから紹介する「ストレス解消するための究極法」を実践すれば、今すぐその悩みから解放されますよ!

この記事は下記の本を参考に投稿していますので、興味のある方は読んでみてください!

ストレスを解消するための対処法

もやもやしたり、イライラしたりした時にストレスを解消するための対処法は、記録と分析です。

なぜなら、ストレスが何かパターンをわかって対処する必要があるからです。

Capy
Capy

記録や分析ってめんどくさそうに聞こえるけど

誰でもできて、一切難しくないよ!

  • ストレスの種類
  • 対策

自分の中で見つめ、対処していきましょう。

ストレスの種類

ストレスには以下の3つの種類があります。

  1. ショートストレス
  2. ループストレス
  3. ロングストレス

1.ショートストレスとは

「痛い・熱い・怖い・宿題しなきゃ・早くお風呂に入りなさい!」などのちょっとしたストレス

期間が短い突発型のストレスをショートストレスといいます。

2.ループストレスとは

職場・学校など定期的に行かなければならない場所にストレス物質(要因)がある「やだな~・いきたくないな~」

片付けが苦手な人は家に帰ってくる度「片付けないと~」などなど

何度も同じこと繰り返す、複数回数型ストレスをループストレスといいます。

3.ロングストレスとは

ループストレスがさらに慢性的になることで麻痺して放置してしまっているストレスのことです。

例えば、借金がずっとあることによって毎日不安になる・ブラック企業に勤めていて会社に行きたくない・十分な睡眠がとれていないなど

こういった慢性的なことが怖くて、麻痺することで放置して・放置することで身体が最終的に悲鳴を上げて病気になったり、自分で自分を傷つけたり殺めたりしてしまうこともある最も問題なストレスです。

Capy
Capy

身体が悲鳴を上げないように日頃から少しずつ対策をして

ロングストレスをなくしていこう!

対策

対策は2つあります。

まずは、生活習慣を見直し基礎となる体力を作りましょう。

生活習慣の基本は運動と食事。

Capy
Capy

運動といっても汗をすごくかくような激しい運動をする必要はないよ

・20分のウォーキング

軽い運動をすることによってストレスを緩和できる物質を作り出すことができます。さらに外を散歩することによって自然に触れることができ、日光を浴びることによってかなりリフレッシュすることができるのです。

Capy
Capy

ストレスを感じて部屋に引きこもったりしてしまうことを防ぐことができるよ!

・分析訓練

訓練をしていくことで現状を把握しストレスを打破していきましょう。

分析訓練のやり方の前に次の章で人の性質を少しお話します。

決めつけ思考

決めつけ思考とは、人は主観的な生物であり以下の3つの決めつけをし思い込みを犯しています。

  1. 自責(型)・他責(型)
  2. 読心
  3. 性格診断

1自責と他責

「自分はどんくさいなぁ…」「自分はセンスないなぁ~」となんでも自分のせい(自責型)

「会社が最低!」「環境がよくないから…」となんでも他人のせい(他責型)

2.読心

「私は嫌われている」「あの人は怒っている」など

自分の直感が優れている、人の心を読むことができるといった実際当てはまっていないことに対してつもりになっている

3.性格診断

「私は社交性がないから…」「あの人は頑固だから…」「人見知りだしな~」

このような思い込みや自分自身の決めつけによって自ら悩み考えてしまっているのです。

Capy
Capy

すべてのストレスは決めつけからくるものなんだよ‼

自己分析の方法

Capy
Capy

自己分析の方法を説明するから

みなさん、紙とペンを用意してね

  1. 状況(を書く)
  2. 感情(を書く)
  3. 思考
  4. 根拠
  5. 反証

状況を書く

まずはストレスを感じている状況(事柄のみ)を書いてみましょう。

ex:悪口を言われている・嫌われている・仕事をすぐに押し付けてくる

感情を書く

採点と比率(例)

先ほど書き出した状況から自分の感情に点数をつけましょう。(採点)

点数からパーセンテージ分けしましょう。(比率)

思考

「悪口を言われている」を例えにすると、悪口を言われている理由と背景を書き出しましょう。

ex:嫌われているから・仕事がうまくいって嫉妬しているから

根拠

ここから先ほど書き出した事について「見える化」していきましょう。

ex:悪口を言われていることに対して、事実かどうか? 誰かに言われた?

このように自問自答してみましょう。

反証

最後に、反対となる証拠を提出してみましょう。

ex:意外と普段からみんなにデリカシーのないことを言う人かも… 仕事中はイライラしているけど休みの日はバーベキューに誘ってくれるいい人かも…

このように一人で分析し逆転裁判をしてみると、決めつけを取り払うことができるのです。

Capy
Capy

人は主観的な生物で、思い込みからストレスを感じているってことだね!

自己分析を実践することによって、誰でもストレスに対処していくスキルを身につけることができます。

ストレスに対応する切り札

Capy
Capy

これからとっておきの必殺技を教えるよ‼

  1. コンフォートカード
  2. デス・ライティング

コンフォートカード

コンフォートカードとは優しい言葉をメモしておく。

反論となる言葉を書いておき、自己否定されたときに見て自己肯定感を上げる

何度も分析を繰り返すことにより、大体同じことで悩んでいることに気づいてくると思います。

そのため、コンフォートカードを作成してすぐに見れるように準備してメンタルを整えましょう(やって損はないです)

デス・ライティング

デス・ライティングとは「もし私が明日死んだら…」と書き始めます。

例えば、「もし私が明日死ぬなら家族と温泉入りに旅行へ行こう」「もし私が明日死ぬなら美味しいお寿司を食べきれなくなるまで食べよう」といった感じで思いつくことを書き出しましょう。

一見ネガティブなことをしているように思えるが、自分の人生を肯定した気持ちになれます。

Capy
Capy

決して長い時間デス・ライティングはしないでね‼

長くても1日5分程度、何日かやってみよう

まとめ

今回はストレス解消するための究極法のお話をしました。

記録と分析を行い、すべてのストレスは決めつけからくるものということを理解し対処していくことで少しでもストレスを軽減させ楽しい人生を送りましょう!

最後に、ストレス社会を生き抜かなければならないのですが、みなさんは十分幸せということを忘れないでくださいね‼

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました